fbpx
  • カンタン英会話
  • 英語を使いたがらない社長のために、秘書が優しく教えます!

軽い言い方からキツイ言い方まで「やめてください!」と英語で言いたい時は?

こんにちは!٩( ᐛ )و本日も「使える英語!」サクッといきましょう!今日も簡単です!!
今日も映画からではなく、シチュエーションによって使える英語!٩( ᐛ )و

本日のフレーズは
「やめてください!」

日本でも友人に使う「やめて!」や深刻な時に使う「やめてください!」というようにキツめに言う言い方などシチュエーションによって使い分けができますがなんと英語にもあります!今日はそちらこご紹介します!٩( ᐛ )وまずは軽い言い方!

Would you please stop〜】(〜をやめてくれませんか)

これはご存知【Stop】ですね!これに「動詞+ing」が決まりです!これは〜していただけませんか?という優しい表現です!なので例文でいうとこんな感じ!

Would you please stop smoking hare?】(ここでタバコを吸わないでくれませんか?)

こんな感じです!次はキツめの表現!イライラしていたり腹を立てている時に迷惑な人に対して使います!それがこちら!

Cut it out!!】(やめろよ!)

こちらはイディオムなんですが意味は「いい加減にしろ!」「やめろ!」というようにキツイです!使うシチュエーションは子供同士の喧嘩が長々と続き親が耐えきれなくなり「いい加減にしなさい!」という時のイメージです!

最後はとっても丁寧なフレーズ!

I don’t appreciate that】(やめていただけますか。)

このフレーズは丁寧ですが深刻さも兼ね備えているので、イメージ的にはセクハラをしてくる相手にこのフレーズを使うと効果的かもしれません٩( ᐛ )و笑

今日はいろんな言い方のやめてください!をご紹介しました!是非このフレーズを使ってみてください!٩( ᐛ )و明日も通常更新です!お見逃しなく!٩( ᐛ )و

秘書
私もStop〜ingは良く使いますね(笑)

Copyright © 2018 秘書の視点|secretarys.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ