fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

結果を出せる人は〇〇〇を学び、結果を出せない人は□□□を学ぶ・・

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨日のブログでは、社員満足度に対する2つの考え方について書いてみました。

昨日のブログは、こちらです。

社員満足度の落とし穴・・

社員満足度を高めること。

そして、社員不満足度を減らすこと。

この2つは、同じような気もしますが、その意義は全く異なります。

そして、どちらが成果に繋がるか・・についても結果が異なることが分かっています。

多くの方は、社員満足度を高めることの方が、業績の向上に繋がりがあるように思われているかもしれませんが、そうではないのです。

逆です。

つまり、社員の不満足を消すこと。

この取り組みの方が大切なのです。

皆さまの会社では、どんなことが行われていますでしょうか?

ぜひ、この機会に一度、見直してみて下さいね。

それでは、今日のブログです。

結果を出せる人は〇〇〇を学び、結果を出せない人は□□□を学ぶ・・

今日のブログは、質問から始めてみたいと思います。

タイトルにある〇〇〇と□□□には、どんな言葉が入ると思われますか?

色んな3文字がありますので、あまりにも的が絞りにくいですね・・汗

では、ある研修に、AさんとBさんが参加をしたとします。

そして、その研修の半年後・・

Aさんは、素晴らしい成果を出しましたが、Bさんは、全く成果を出すことができませんでした。

なので、この二人に対して、同じ質問をしてみました。

このような結果になったのは、なぜだと思う?

Aさんは、次のように答えました。

あの研修で、成果を出すための〇〇〇を学びました。

なので、その〇〇〇に従って、自分にできることを考え、実践してみました。

一方で、Bさんは・・

あの研修で、成果をだすための□□□を学びました。

なので、その□□□を続けていたのですが、成果を出すことはできませんでした。

如何でしょうか?

〇〇〇と□□□に入る言葉が、分かってきましたでしょうか?

では、答え合わせです。

〇〇〇には、【考え方】が入ります。

そして、□□□には、【やり方】が入ります。

つまり・・

結果を出せる人は【考え方】を学び、結果を出せない人は【やり方】を学んでしまうのです。

しかも、【考え方】は見えず、【やり方】は見えています。

ここが、私たちを勘違いさせてしまいますよね。

あの【やり方】で結果が出るんだ!と、思ってしまう・・

でも、そんなことはありません。

その【やり方】とは・・

結果を出せる人の【考え方】から生み出された【方法】の1つなのですから、方法だけを真似しても上手くいきません。

やはり、大切なのは【何のために・・】ですよね。

テクニックの前に、考え方。

学ぶときの鉄則です。

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ筋トレVol.888-1

The post 結果を出せる人は〇〇〇を学び、結果を出せない人は□□□を学ぶ・・ first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ