fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

お陰さまで、ナイスオンは10周年を迎えることができました! 今日から、11年目に突入です!

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。

昨日のブログでは、毎年迎える11月10日の意義について、書いてみました。

昨日のブログは、こちらです。

今日は、11月10日・・私にとって、とても大切な日・・

11月11日が創立記念日の私にとって、11月10日という1日は、とても大切な日です。

これまでの1年の振り返りと、これからのために、やるべきことの確認。

つまり、反省・・

省みて、省く日として、これ以上相応しい日はないと思っています。

また、同時に、感謝の日でもあります。

この日を、どれくらいの感謝の念を持って過ごせるか。

この日を迎えられるということが、どれだけ、周りの方のサポートがあったからこそだと分かっているか。

そして、それをいかに言動で表せているか・・

お客さまを忘れた企業は滅びる。

企業とお客さまは、対(つい)である。

このことを念頭に、11月10日を過ごすことができました。

いよいよ、今日から、11年目です。

引き続き、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

それでは、今日のブログです。

お陰さまで、ナイスオンは10周年を迎えることができました! 今日から、11年目に突入です!

ちょうど、10年前の今日のことです。

私は、いち社員としてではなく、一国の主としての仕事を始めました。

それは、仕事というよりは志事と言えるものでした。

そういう感覚でした。

税理士事務所での勤務のように、企業の決算期が来てからの仕事ではなく、【いかに決算期を迎えられるか・・】という部分に関わらせて頂けることを、誇りに思っていました。

と、同時に・・ 

自分が、ものすごく恵まれた環境で仕事をさせてもらっていたことに、気付かされました。

毎月、顧問料が入金されること。

毎月、決まった日に給料が振り込まれること。

休日が、休日であったこと。

妻と、何度も海外旅行に行けたこと。

何か・・

一所懸命に働いているのだから、当然の権利であるかのように・・

それが当たり前のように・・

思っていたのだな・・

独立をして、会社を設立して・・

その全てが、当たり前ではなかったことを痛感しました。

私は、一気に不安になりました。

私は、この仕事で食べていけるのか?

私は、家族を食べさせていけるのか?

そして、追い打ちをかけるように、MGやTOCを通じた【数字面の支援】だけでは、どうにもならない組織の問題に直面しました。
※MGやTOCが数字面だけではないことには、あとで気づくことになります。

そんな時です。

株式会社イマリの久保雅也さんから、【四ケ所さん、絶対に忙しくさせますからね・・】という言葉を頂きました。

心が震えました。

心から感動しました。

人目をはばからず、涙を流しました。

そして、私は、心に誓いました。

必ず、大切な皆さまのお役に立てる人になる。

必ず、お役に立てる会社を創る。

すると・・

あれだけ不安を抱えていたのがウソだったかのように、持ち前の行動力を取り戻しました。

全力で仕事をすると同時に、私に、そして、ナイスオンに不足している学びに没頭しました。

きっと、その様子を見て下さっていたのだと思います。

MGでご縁を頂いた皆さまが、私にコンサルの仕事を下さるようになりました。

こうして、毎月定額のご入金を頂けるようになり、行動力だけではなく、心のゆとりを少しずつ得ることができました。

当時のことを考えると、久保さんをはじめ、その方々がいなければ、今こうやって、10周年を迎えることは出来ませんでした。

この10年、如何に助けられてきたか・・

10周年を振り返ると、いろんなことが、走馬灯のように蘇ります。  

 

今、私は、魂の師の元で学ばせて頂いております。

この師との出会いも、元をたどれば、株式会社イマリの久保さんです。

師との学びは深く、簡単に理解できるものではありませんが、それでも1つだけ、軸となる考え方は身についてきたように思います。

それは、【永遠なるものは、2つに分かれて存在する・・】という考え方です。

男と女

陰と陽

東洋と西洋

見えないものと見えるもの

プラスとマイナス

などなど、ひとときの繁栄だけではなく、繁栄し【永続する】ためには、2つに分かれて存在しなければなりません。

これを、私の仕事に置き換えた場合・・

企業の繁栄だけでは、一対(いっつい)となりませんので、いずれ滅びる運命にあります。

なので、家と企業を一対(いっつい)とする。

つまり、家庭と企業の双方を大切に、繁栄・永続していくことを軸とした考え方を広めていくこと。

これが、ナイスオンの確固たる存在理由(ミッション)となりました。 

初めて、【よかところ】を鮮明に、ありありとイメージできたように思います。

最初の10年は、このためにあった・・

と言っても、過言ではありません。

そんな節目の日。

ここに、ナイスオンの【これからの100年】の想いを乗せて、ブログを書かせて頂きました。

これからの100年。

何やら大袈裟に聞こえたかもしれませんが、師は、これからの1,000年に想いを寄せておられます。

私には、まだまだ想像もできておりませんが、必ずや、到達致します。

それが、国家社会、あるいは、地域社会の持続可能性に寄与することだ・・

という、強い信念と共に。

改めまして、今日という日を迎えられたことに、心から感謝申し上げます。

本当に、ありがとうございました。

そして、今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

2021年11月11日

ナ.イ.ス.オ.ン株式会社
 代表取締役 四.ケ.所.秀樹

ブログ筋トレVol.949-1

The post お陰さまで、ナイスオンは10周年を迎えることができました! 今日から、11年目に突入です! first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ