fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

ミッションとビジョンの関係性とは・・

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。

昨日のブログでは、1,000日目のブログが、2022年1月1日になることをご報告致しました。

昨日のブログは、こちらです。

続けなさいというお告げか・・

元旦を1,000日に!

なんてことは、全く考えておらず、黙々と日々書き続けてきたわけですが・・

まさか、元旦に1,000日を迎えるなんて、思ってもみませんでした。

が、だからこそ・・

1年の計は元旦にあり!というように、書き続けてきたブログをどうするか、真剣に考えないといけませんね。

元旦を迎えるまで、あと1ヶ月・・

次なる目標設定をしっかりと行います。

それでは、今日のブログです。

ミッションとビジョンの関係性とは・・

ミッションとは何か・・

そして、ビジョンとは何か・・

という問題の前に、抑えておかないといけないことがあります。

それは、ミッションとビジョンは、一対(いっつい)なものとして、考えなければならないということです。

どんなに素晴らしいビジョンがあったとしても、ミッションがなければ実現できません。

また、どんなに誇り高きミッションであっだとしても、ビジョンがなければ、組織は方向性を失います。

では、この2つをしっかりと掲げるには、どうしたら良いでしょうか?

それには、様々な方法があるのかもしれませんが、ナイスオンでは、【我が社の未来】と題して、2つの問いに答えて頂いております。

1つ目は・・

何のために存在しているのですか?

次に、2つ目は・・

その存在を通して、国家社会に何を実現しようとしているのですか?

という、2つの問いになります。

皆さまの会社では、この2つの問い・・しっかりと、言語化できていますでしょうか?

もう、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、1つ目の問いが、会社のミッションを表しています。

そして、そのミッションは、そのまま、企業理念に相応しい言葉となります。

次に、2つ目の問いですが、これは、会社のビジョンを表しています。

そして、そのビジョンは、そのまま、経営方針に相応しい言葉となります。

私の経験に限定されてしまって大変恐縮なのですが、この2つが揃っていない企業は、必ずといって良いほど、社員さんが、ずっと振り回されています。

会社の軸となる部分が揃っていないので、当然ですよね。

これは、振り子をイメージして頂ければ、すぐに、ご理解を頂けると思います。

上の方のブレは小さくとも、末端に行けば行くほど、想像以上に振り回されているのです。

なので・・

日々、対応ばかりに時間が取られ、本来やらないといけないことに,力を注ぐことはできません。

これでは、企業革命は起こせませんよね!

経営者の皆さま・・

社員さんは、思っている以上に忙しいものです。

そして、その原因を作っているのは・・もしかすると・・

そういった視点で、会社を上から見渡してみて下さいね。

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ筋トレVol.968-1

The post ミッションとビジョンの関係性とは・・ first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ