fbpx
  • AI(人口知能)
  • 「人工知能〈AI〉」との共存、共生する世の中を見出し発信。

2025年を妄想してみよう。10年以内にわたしたちのライフスタイルはこうなる!

さて、今日は少し未来の話をしたいと思います。

今現在 研究・実験が行われているAIを搭載した技術革新が進むと、数年先の私たちの生活がどうなるのかを物語にしてみました。

妄想しながら読んでみてくださいね^^

朝。心地よい音楽で目が覚めると、すでに部屋は快適な温度に温められており、コーヒーを淹れるお湯も沸いている。

朝食を食べながら、ニュースを見ていると今日の予定を「お助けロボットジョイ君」が教えてくれた。

「8時にタクシーが来ます」

玄関先に出ると、そこにはタクシーが止まっている。

このタクシーは自動運転なので、運転手は乗っていない。

行先は予約の際に指示していたので乗車と共に目的地に連れて行ってくれる。

夕方、買い物をしようとスーパーに立ち寄ったところ、ジョイ君からメールがくる。

「牛乳と卵がそろそろなくなる頃だったので、ネットスーパーで注文しておきました。
今日は鍋はどうでしょう?シイタケと白菜が冷蔵庫に入っています」

ジョイ君のおかげで、今夜のメニューも買いものもすぐ済ますことができ、予定より早く家に帰れそう♪

家に帰ると、玄関先に「宅配ドローン」が飛んできて、ジョイ君が注文しておいてくれた商品を届けてくれた。

荷物を持って家に入ると、すでにお風呂が沸いていて部屋も暖かくなっている。

部屋の掃除と洗濯は、私が仕事に行っている間にすべて自動で行ってくれるので大助かり。

「今日もいい一日でしたね」ジョイ君がこう言うのを合図に

「明日は7時に起こしてね。明日は帰りが遅くなるから夕飯は外で食べるね」

「では、レストランを予約します。駅前にオープンしたイタリアンレストランはどうでしょう?」

「いいわね。じゃ、9時に2人の予約をお願いね。」

「かしこまりました」

 

これは今後10年の間にはほぼ実用化されているものばかりです!!

車の自動運転、インテリジェントホーム、宅配ドローン、家電・住宅・車などから情報を受け取り生活をサポートしてくれるパーソナルロボット...

私たちに必要なのは、この技術を自分の生活に取り入れる柔軟さと対応力。

どれだけAIが優秀でもそれを使いこなすことができなければ、宝の持ち腐れになってしまうのです。

「私たちの生活をより快適なものにするためにAIが生まれた」

ということを忘れないでうまく生活に取り入れていきたいものですね^^

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ