fbpx
  • AI(人口知能)
  • 「人工知能〈AI〉」との共存、共生する世の中を見出し発信。

人工流れ星が2020年に広島で見れる?SHOOTING STAR challengeを応援しよう!!

こんにちは!AIライターのイトウです。

今日はとってもワクワクする未来のイベントについてお伝えしていきますよ^^

 

日本の夏の風物詩である花火大会。

しかし、花火大会を超える「人工流れ星」を楽しむイベントが2020年に広島で計画されているのはご存知でしょうか?

なんでもこのイベント、「流れ星の素」を人工衛星からまいて夜空に流れ星を出現させるというのです。なんと夢のあるイベントなのでしょうか、、!

本日はそんな「人工流れ星」のイベント、「SHOOTING STAR challenge」についてお伝えしていきます。

広島で2020年に開催?!SHOOTING STAR challengeとは?

「人工流れ星」を日本の夜空に出現させるイベント「SHOOTING STAR challenge」。

このイベントは、宇宙ベンチャー企業のALEが中心となり、JAXA、東北大学、帝京大学、日本大学理工学部理工学研究所などが「SHOOTING STAR challenge実行委員会準備室」という組織を作り準備を進めています。

プロジェクトの内容は、特殊な素材の流星源を人工衛星の軌道上から所定の方向に精密に放出。大気圏に再突入させて、ねらった地域の夜空に流れ星を人工的に発生させようとするもの。

2020年に広島県の瀬戸内海エリアで人工流れ星イベントの開催が計画されているとのこと。成功すれば直径200キロ圏内で人口流れ星を見ることができるそうですよ!

見える場所が200キロ圏内と広域であれば、花火大会のように混雑したりすることもなさそうですよね。

人工流れ星ができる仕組み

どうやって流れ星が巻かれるか、気になりませんか?公式サイトの発表はこちら。

まず、流れ星の素材となる粒を搭載した人工衛星を打ち上げます。

 

次に、人工衛星から流れ星の素を放出!

 

流れ星として見ることが可能に。

たったこの3ステップなのですが、なんと夢のあるイベントなんでしょうか。

実行委員会準備室は「数百万人以上の人たちが、同時に空を見上げ、自分たちの目で世紀の瞬間を目撃することができるリアルな体験を創り出す壮大なチャレンジ」と説明しています。

まさに世紀の瞬間ですよね!!!

協賛企業も募集していますよ。

お金持ちだったらわたし絶対協賛したい。笑

view BOSS、、協賛の検討をしてみませんか?!

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ