fbpx
  • アロマ日和
  • アロマ薬剤師の心と体のケア日記。薬剤師ならではの視点から本物をお伝えしています。

輝く女性のためのアロマ

輝く女性になるために

あなたは何をしていますか?

ヨガ、ジム、習い事?

そして多くの方が気になる、なんとなくの不調…。

今回は女性特有の不調についてです。

女性特有の不調症状はこんな感じ

女性特有の不調は数えきれないくらいあるのですが。

例えば
・イライラ感
・モヤモヤ感
・関節痛
・のぼせや火照り
・発汗
・抑鬱
・易疲労感
・不眠
・不安

など。
字にするとわかるなんとなくの原因ですが、渦中にあるとなかなか見えてこないのかもしれません。

これらは多くが更年期の症状。

よく、カウンセリングで30代の方が「更年期かも・・」とおっしゃるのですが。
実は最近の更年期の年齢は下がってきているのであながち嘘でないのかもしれません。

ではどんな対処方法を用いたらいいのでしょうか?

更年期に使われる一般的な治療

一般的に更年期の時は病院に行くとホルモン補充療法を推奨されます。

いわゆる減ってきているエストロゲンを補充し、子宮がある人には黄体ホルモン(プロゲステロン)も使います。
効果が顕著で多くの方が使っているのではないでしょうか?

でも実はこうしたホルモン治療薬は脂溶性の分子量の大きな成分を使うので脂肪組織に成分が蓄積されやすくなってしまいます。

また5年以上使うとがんのリスクが高まることも言われていたりしてちょっと手が出しにくい療法になっているのかもしれません。

ただ確かに切れはいいので一概に「使わないほうがいい!」と言い切れないのも事実ではあります。
(私は使いませんが・・・(;’∀’))

ほかには漢方薬や時には抗うつ薬などを使う先生もあるという世の中になっています。

でも、やはり安全だったり生活の仕方次第で変えられるものがあるならそうしたものも使っていきたいですよね?

また、アロマは女性特有の不調にはかなりつかわれたりしているのもご存知かと思います。

更年期に使えるアロマ

アロマテラピーでは更年期の緩和が得意とされますが、実際に使ってみて皆さんいかがでしょうか?

例えばネットを見てゼラニウムがいい!クラリセージがいい!

などという情報の元、精油を購入して使ってみえるのかもしれません。
実際にクラリセージなどはエストロゲン様作用などがうたわれており、多くの女性が好まれる香りだったりもします。

でもせっかくなので、更年期の症状で起こる不調の体の様子なども見ながら精油を組んでみることがヒットしやすいので今回はそんなお話も少し・・・。

例えば更年期で自律神経のバランスが崩れている場合はバジルやタラゴンがおすすめ。
自律神経のバランスを回復してくれたりします。

もやもやするときは気持ちがスッキリするミント系なども入れてみてはいかがでしょう?
気がうっ滞しているともやもやするのであえて気を散じることをしてみます。

イライラというよりヒステリックになってしまうときはカモマイルローマンやラベンダーアングスティフォリアなどおすすめ。
火照りや発汗などで悩まれる方にはサイプレス(ホルモン依存性疾患がある方は禁忌)やローズマリーのベルべノン種を使ってみてください。

不眠はいろいろなパターンがあるので一概に言えませんが、ラヴィンツァラやマジョラムをはじめ、マンダリンやラベンダーアングスティフォリアやオレンジだけのブレンドでもいいでしょう。

また、こうしたときはとにかく人と話すことがおすすめ。
更年期を感じなかったという人生の諸先輩方の多くが、忙しく人と接する時間が多い方が乗り切っているという印象を受けます。

これらの精油をクラリセージやゼラニウムと合わせて塗布をしてみましょう。

香りの継続使用で緩和する不調

アロマの香りは継続しないほうがいいという場合もありますが。
慢性の不調がある場合は芳香浴をはじめ、アロマケアも2週間インターバルでお使いしていただくことをお勧めします。

特に更年期以降は嗅覚も落ちてくることが懸念されます。

嗅覚は鍛えれば鍛えるほど能力は落ちにくくなりますよ。

ですからぜひ、継続使用をお勧めします。
香るだけなら1日2~3時間。塗布なら1~3%までがおすすめです。

また、ゼラニウムやクラリセージなどの精油は女性性を高める精油としても有名です。

更年期を終えた時に輝いて過ごしているためにもアロマを使ってみてはいかがでしょうか?

アロマライフは輝きの一歩

実はアロマライフは単なる「不調緩和」だけじゃないんです。

嗅覚刺激による自分の研鑽にもつながることでもあります。

認知症状を起こしそうな人は嗅覚から落ちてくるといわれるのですが、香りを(天然の香り)使うことでこの嗅覚の低下は防ぐことができるのです。

嗅細胞は死ぬまで何回も再生を繰り返すため、芳香分子を取り入れて脳への電気信号を活性化することはとても重要なこと。嗅神経に入った香りの電気信号は認知機能のほか、やる気を上げてくれたり落ち込んだ気持ちを救ったりしてくれます。

また、細胞の活性化もしてくれることもあるため若さを保つ秘訣でもありますよ♡


かくいう私も年齢より若く見られる…そうでございます(笑)

 

 

女性特有の不調でお悩みの方はぜひご相談くださいね♬

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ