fbpx
  • GEEKな視点
  • 世代、性別、国、地域を越えて、ギークな奴らがあらゆるジャンルのカルチャーを発信。

阿部派一刀流 阿部一刀斎の日常『左側通行』

香港人のお客様にサムライ体験をして頂きました

 

大変強いコネクションをお持ちの方で

今後は香港での演武計画もスタートしました

 

★★★★★

皆さんは人とすれ違う時に

どちら側を通りますか?

 

東京では

エスカレーターは左側に並んで

右側は空けておいている光景があります

 

自動車の運転では

左側通行が日本の法律で決められています

 

この左側通行

 

武士の世界でも

行われていました

 

武士は

左の腰に日本刀を差して歩きます

右側通行だと

武士同士がすれ違うときに

 

鞘と鞘がぶつかる可能性が出てしまいます

 

この

鞘と鞘がぶつかる行為『鞘当て』は大変不作法とされます

 

鞘は

漆が塗られているので

ぶつかった衝撃で傷やヒビ

鞘自体の凹みに繋がるのです

 

日本刀に対して

非常に強い思い入れのある武士たち

 

ぶつかれば

喧嘩になることも

あったそうなので

 

無用の喧嘩を避ける為に

左側通行が定着したと伝えられています

 

そして

一人の女性を二人の男性が争う様子を

≪恋の鞘当て≫という様になったのです

 

余談ではありますが

日本刀を跨ぐ行為は問答無用で斬られても

文句が言えないくらいの不作法の極みです

 

これは

木刀や、竹刀でも同じです

 

 

 

 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ