fbpx
  • DXの視点
  • 「魅せるWeb」をテーマに、EC事業者が人々を魅了できるサイトが運営できるよう活動中。

サオリのファインダー Vol.2 【名古屋の匠】

おはようございます。

BECK、クリエイターズVIEWディレクターのDX (デラックス)です。

 

 

前回の続き、名古屋の匠「サオリのファイダー」の続編です。

 

 

※前回の記事はこちら

 

 

サオリさんとは、クリエイターズVIEWのライターとしても活躍中のフォトグラファー

早川沙織さんのことですが、なんと!フォトグラファーとして活動する傍ら、昼間は「助産師」さんをされているとのこと!

 

 

 

助産師とフォトグラファーという「二足のわらじ」のサオリさん。

 

一見、対極しているようなこの2つの仕事。でも、お話を聞いていると、双方の仕事が良い影響を与えている印象を受けました。

 

 

 

新しい生命(いのち) の誕生に立ち会える助産師をしているからこそ、その素晴らしさを常に身近で感じ、その感性に共感する同性のママたちが、サオリさんにマタニティフォトを撮ってもらう。

 

そんな彼女だからこそ、ファインダーから覗く景色(View) を写真に収める。
まさに、彼女にぴったりの仕事だと感じました。

 

 

 

写真を撮るときに気をつけていることは?

 

 

 

サオリ:「撮ってるときの自然な感じを伝えることを意識しています」

 

DX:「なるほど!具体的には?」

 

さおり:「例えば、エフェクトをかけたり、シャープにしたり、写真を美しく魅せる方法はたくさんありますが、私はあくまで、ありのままの自然な表情、風景、その様子が伝わるような優しい写真を撮るよう心がけています。」

 

DX:「確かに。最近では加工技術やアプリなども進化していて、写真のキレイさだけなら、誰でも表現できますが、やはりプロが撮る構図は簡単には真似できませんからね。」

 

さおり:「そうなんです。依頼いただくお客様も大半が女性。だからこそ、私は女性目線での写真も意識しながら撮ります。」

 

DX:「女性目線。大事ですね〜」

 

 

 

〜ここからは、サオリさんのポートフォリオをお楽しみください〜

 

 

 

 

 

DX:「最後に、これからのサオリさんについて聞かせてください」

 

さおり:「そうですね。やはり助産師という仕事にもプライドを持ってますし、だからこそ、赤ちゃんの写真や家族の写真、マタニティフォトをもっと沢山依頼をいただけるよう、活動していきたいです!」

 

 

DX:「素晴らしいですね!Viewでもサオリさんを引き続き応援していきたいと思います。今日は本当にありがtとうございました!」

 

※サオリさんへのフォトの依頼はこちら (HPではポートフォリオもご覧いただけます)

※Facebookページはこちら

 

 

※「名古屋の匠〜Takumi〜 そのほかの記事はこちら」

 

 

ではまた!

 

 

【魅せるWeb制作|コンサルティング】
BECK 公式サイト
https://www.beck-dx.com

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ