fbpx
  • 作詞家の視点
  • 「自分の書いた詩で、誰かを癒すことが出来るのかもしれない」作詞の魅力にとりつかれ、今日も歌詞を書いています。

大切な人の幸せを願う歌

フランスには「すずらんの日」といって、愛する人や家族、また大切な友人にすずらんの花を贈る風習があります。

すずらんの日

こんにちは、作詞家のMikeyです。
フランスの風習「すずらんの日」というのは、実は5月1日なのでちょっと季節はずれなのですが…
なぜこの話題について書こうと思ったのかというと、去る7月28日に「すずらんの日」をテーマにした歌をリード曲にした「Les Candy Boy Ⅱ」というミニアルバムが発売されたからです。

現在、各配信サイトで配信中とのことです。
https://candy-boy.jp/news/detail.html?id=1847

リード曲の「この気持ち花束に込めて」は私が歌詞を書かせていただだいた、大切な人の幸せを願う気持ちを歌った作品です。

歌詞はコチラ https://candy-boy.jp/songs/song.html?id=1657
MVはコチラ https://youtu.be/klBaZE3Ytgs

初めてグループのメンバーに会ったのも「すずらんの日」だったので、私にとってはとても思い出深い作品です。

Candy Boy3周年記念公演

この歌を歌ってくださっている「Candy Boy」さんは、ミニアルバムを発売した日に3周年記念公演が行われました。

私も観せていただいたのですが、とても素敵な公演でしたよ!!
Candy Boyさんの公演は基本がカフェで行われていて、短めの舞台仕立てで合間合間に楽曲が歌われます。
今回は本格的な長編の物語で、楽曲は舞台のために作られたものではないのにうまく取り入れられていました。
楽曲が先にあって、それを活かしつつ物語を成立させるのはとても難しいのではないかと思います。
舞台を作られた方々のことを想像しながら観せていただきました。
(自分も「作る」人なので、ついつい気になってしまうのです)

昨年まではほとんどが東京での公演でしたが、今年に入って名古屋にも来てくださるようになったので、嬉しいです。
先日の公演も今週末に名古屋で行われることになっているんですよ。

良かったらチェックしてみてくださいね♪
Candy Boy CAFE TOURvol.01≪追加公演≫~3rd Anniversary~(名古屋公演)

 

 

この連載を始めた時は、自分の関わった楽曲について書くことは考えていなかったのですが
(なんだか気恥ずかしくて)
今後は積極的に書いていこうと思っています。
どれも大切な作品なので、たくさんの人の目に触れて欲しいのです。

良かったらまた書かせてください。
それではまた!

 

CREATOR’S NOVAというサイトで
クリエイター応援活動をしています。
そちらも良かったら是非!

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ