fbpx
  • ママ育の視点
  • コミュニケーションが変わると人間関係が良くなり、人間関係が良くなると人生が変わる

「愛するよりも、信じるほうが難しい」

子どもをです。

子どもを愛するよりも、子どもを信じるほうが、難しい。

テレビドラマ「過保護のカホコ」で、黒木瞳が母役の三田佳子から、電話で「カホコも、もう22才なんだから、信じて見守るように」という意味のことを、悟される場面でのことば。

「子どもを愛するよりも、子どもを信じるほうが、難しい。」

ド真ん中当たりすぎてて、分かってるけど、言われたくないことばですね。

「可愛い可愛いわが子」というのはカンタン。

でも、「子どもを信頼している」と心から言えることは、実はそうたやすいことではありませんね。

(信頼できなくて、不安だから、「あれしなさい・これしなさい」と口出ししてるわけですから。)

それと、過保護のカホコで、黒木瞳を見ていると、あ、わたしも言ってる!ってドキっとする場面てありませんか?

例えば、子どもに〇〇しなさいといった話の最後に、

「分かった?」

と語気を強めて念押しするところとか。

このドラマ、親子の関係や家族のありかたなど、いろいろ見せつけられて、目が離せませんねー。いわゆる人間模様です。

「愛するよりも、信じるほうが難しい」

深いことばだなー。

Copyright © 2017 ママ育の視点|mamaiku.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ