fbpx
  • ママ育の視点
  • コミュニケーションが変わると人間関係が良くなり、人間関係が良くなると人生が変わる

何才まで甘えさせていいいですか?

こんにちは!甘やかさないで優しいママになる!専門家

親子の会話アドバイザー 市川弘美です。

『何才まで甘えさせていいですか?』

という質問をときどきいただきます。

わたしの答えは

「何才まで」という年齢はないと思います。

人は何才になっても甘えていたいんじゃまいかな。

例えばこんなカンジです。

・夜9時半、子どもを寝かせてソファーに腰をおろしたら、テレビのリモコンが夫の少し向こうに。自分でも取れるけど立ちたくない。「リモコンとってー」とお願いしたくなります。

・朝の忙しいときに、夫が子どもの着替えをチョット手伝ってくれたら、メチャメチャ助かります。

・休日の夕方に、夫がお風呂の掃除をしてくれたら、疲れが少しマシになります。

これって、ぜんぶ「甘え」ですね♪

自分でできることを、人にやってもらってますよね^^

甘えることは、自分でできなくなることじゃなくて、やってもらえると「ありがとう」「次はがんばろう」とステップを踏めること。

もう幼稚園に入ったんだから1人で着替えができるようにならないと。
もう小学校だから、1人で教科書とかを用意できるようにならないと。

こんな思いは親としてあって当然なんですが、「この子は必ずできるようになる」と信じていれば、手伝だってあげても大丈夫でしょう。

何才になっても甘えられる環境って、子どもが自立へ向かうバックグラウンドにも土台にもなるんです。

心にしっかりと土台をきずけば、嵐や雨風にも強くなりますね。
 

建物では基礎、樹木だと根っこ、積み木も土台が大事です。

子どもの心の土台は、日々の会話から作られていきます。

Copyright © 2017 ママ育の視点|mamaiku.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ