• ママ育の視点
  • コミュニケーションが変わると人間関係が良くなり、人間関係が良くなると人生が変わる

子どもが自分で考えて決めるようになるには~見守るときの声かけ~

夏休みに読書感想文の本を選びに、本屋さんに行ったとき、子どもがどれにするか、なかなか決まらないとき、

「こっちのほうが書きやすいんじゃない?」
「もう△年生なんだから、もう少し字が多い方がいいでしょ」
「ちゃんと感想文が書けるのにしようね」
「大丈夫よ、時間あるからこのくらい読めるでしょ」

子どものためと思って、声をかけていませんか?

子どもが悩みながら、子どもなりに一生懸命考えて、どれにするか決めようとしていますね。
こんなときは、見守ってあげたいですよね。

子「どうしようかなー」
母「迷うねー」
子「うん・・・・・ママはどれがいいと思う?」
母「そうねぇ どれがいいかなー・・・」

と共に悩んで、一緒に迷って、寄り添ってあげましょう。

これでうまく決まるの?
うちの子は買い物のとき、なかなか決まらくて困るの、というかた、コチラのセミナー>>>>>>で、
私と一緒に、ベストコミュニケーションを見つけましょう。

夫婦の会話でもありますよ。
あなたが夫と一緒に買い物に行って、
こんなふうに>>>>>
言われて、落ち着いて選べなかった経験はないですか?

IMG_0633.jpg

Copyright © 2017 ママ育の視点|mamaiku.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ