fbpx
  • ママ育の視点
  • コミュニケーションが変わると人間関係が良くなり、人間関係が良くなると人生が変わる

【命令】コミュニケーションをはばむ12の型


コミュニケーションをはばむ12の型のうち、
【命令・指示】です。

「~~しなさい」
という命令形は、上司・先生・親、中には夫に言われる場合があります。
いずれにしても、言われたほうはあまり心地よくはありませんよね。

さあ、やるぞ!とやる気が出るところか、
うっとうしくさえ思われます。

子どもが、
「おかあさん、わたし・ボク、友達とけんかしちゃった」
と言ったとき、

母親は、
「ケンカしたらだめでしょ。お友達とは仲良くしなさいね。」
と命令・指示します。

すると、まず子どもが感じることは、
『おかあさん、わたし・ボクの気持ち分かっていない』。

また、
仲良くできない自分はだめなんだと思ったり、
仲良くできないことに罪悪感を持ったりします。

気持ちをわかってもらえないので、
話が続けられなくなり、それ以上話せなくなります。

心を開くどころか閉ざしてしまいますね。

命令されると反発しますし、
自立心が育ちません。

この場合、子どもが望んでいることは、
友達とけんかして、
悲しい、悔しい、イライラするか、モヤモヤする、
そんなもどかしい気持ちを理解してもらうことなんです。

次回はコミュニケーションを阻む12の型のうち、
脅迫・注意】についてお伝えしますね。

Copyright © 2017 ママ育の視点|mamaiku.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ