fbpx
  • 妊活セラピストの視点
  • 「妊活セラピストの視点」では、 玉のような元気な赤ちゃんを産める心と体作りについてをお伝えしていきます。

自然なお産日記 妊婦一人暮らしの静けさ

こんにちは。妊活セラピストの渡辺です。

自然なお産日記、

今回はお腹の赤ちゃんと二人暮らしだったときのお話。

旦那さんがいらっしゃる方でも、

意外とひとりで過ごしている妊婦さんていると思います。

そんなとき、お腹の赤ちゃんとどうすごそうか、

と思ってた頃のお話です。

2013.12.19

今日は1日休みをもらいました

はあ、しかし
しごとしなくていいと言われても
やることがない…

(オイ)

そうじ、せんたく、朝ごはんをすませて

天気もよろしくないし

歩いて図書館いきました

おなかのあかちゃんとお話できる系の本を
読みました

お話できるそうです

いまもときどき話しかけてますけど

なんせ一人暮らしなもので
大抵はしーんとした感じなんですよねー
わたし

これじゃタオちゃんかわいそうかなと思い
音楽かけたりもしてますが

気づくとそれも止まっててしーんとしてる

今日はとくにしーんとしてしまった

さらにわたしの気分も
けっこう暗かったし…

タオちゃんごめん~

で、本によれば

胎動がわかるようになったら、
おなかを蹴ってもらっていろいろお返事もらったりするという
コミュニケーションができるそう

イエスのときは一回蹴ってね

ノーのときは二回だよ

と教えて

何回かやってるとなにかと返事くれるんですってー

なに食べたい?とか
休みたい?とか…
いろいろ聞けるそう

なかには生まれる日を教えてくれて、
ほんとにそうなることもあるとか

すごいですねー
たのしそーですね

蹴りのコミュニケーション(キックゲームという)のほかにも
ダウジングっていって、五円玉をプラプラさせて
お返事もらうとかもできるらしい…

コミュニケーションの下手なわたしですが
まずは胎動の観察から
ちょっと取り組んでみたいとおもいます

Copyright © 2018 妊活セラピストの視点|ninkatsu.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ