fbpx
  • 脚本家の視点
  • 映画やシナリオの作り方の視点から、日々のもやもやを取り除いたり、行動したいと思えるようなきっかけになる記事を発信していきます。

自分自身を何番めに大切にしていますか?

家族や友人、仕事仲間など誰にでも大切な人はいるかと思います。

そういった大切な人との時間を多く取るようにすると幸せな気持ちで過ごすことも出来ると思いますが、大切な人との時間をとっているのになんだか日々モヤモヤすることはありませんか?

そういった場合は、最も大切な人、自分自身を置き去りにしていることも多いのです。

モヤモヤの原因をきちんと知ろう

お仕事仲間との関係もよく、週末は過ごしたい人たちと過ごしているので何のストレスもないはずなのに、なんだかスッキリしないとき。なにか自分がやりたいことがあったりするはずなのに、していない・出来ていないことがあるとモヤモヤすることがあります。

大切な人との時間を過ごしたいけれど、もっと自分の時間もほしい

やりたいことがあるけれども、大切な人との時間も大事

人によってモヤモヤの原因は違います。モヤモヤの原因は頭で考えていてもぐるぐると同じことを考えるのでなかなか答えは出ません。紙に書いたり人に話するなどしてアウトプットすると思考が整理されて本当の自分の気持ちに気づくことができますよ。

 

自分のために時間をつくっていますか?

アウトプットするためには、まず自分と向き合う時間をつくることが必要です。

お仕事や家事などで日々忙しくて自分の時間をつくれない、と考える方もいるかもしれません。そういう時は、他の人との予定を入れる感じで「自分自身のための時間」と先に確保しておくのです。その時間に他の人から予定を聞かれても「先約があるから」と断ってでも自分の時間をとってください。

他の予定と同じように、自分自身との時間も大切にしてほしいのです。

私も脚本をかくとき、お仕事なら最優先しますが、応募する脚本を書くのはついつい「空いている時間で」と後回しにしがちです。そうしていると空いている時間も他の用事にとられたりするので、なかなか「空いている時間」を確保することはできずに時間は進んでいくばかりです。

思い切ってお仕事ではない脚本を描くことを最優先してみても、他の用事もすべて時間内にできたりします。

ですので「時間がないから」と思っていても、やりたいことを一番はじめにやってみたら案外スムーズにいくことは多いです。

満たされているはずなんだけど、なんだかテンションが上がらないという方。1週間に1度くらいは時間を確保して、自分自身と向き合ってみてはいかがでしょうか。

他の大切な人と同様に自分自身も最優先して大切にしてください。

Copyright © 2018 脚本家の視点|scenariowriters.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ