fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

期待型と慎重型は違う・・ということを知らない恐ろしさ・・

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨日のブログでは、経営の4つのステージについて書いてみました。

昨日のブログは、こちらです。

社会は【時(とき)】の受け皿である・・という原理原則を軸に経営を考える

顧客という視点から、社会の中に顧客がいる・・という視点に変わった時・・

経営者は、その経営における軸を変えなかればなりません。

では、その軸とは・・?

それは、社会は【時の受け皿】である・・という考え方になります。

つまり、社会に視点が移ったとき、経営者は【時】をその経営に落とし込む必要があるのです。

如何でしょうか?

経営者の皆さま・・時を学ばれていますでしょうか?

視点を変えてからでは遅いですから、今から、始めておくことをお勧め致します。

それでは、今日のブログです。

期待型と慎重型は違う・・ということを知らない恐ろしさ・・

ビジョンを示してもらわないと、何をしたら良いのか分からない・・

だから、ビジョンを示した方が良いのではないか・・

と、相手のことを思って、アドバイスをしたとします。

何か、ごもっとものように聞こえますが・・

慎重型のタイプにとって、こんなに【きつい】アドバイスはありません。

なぜなら、慎重型のタイプは・・

ビジョンそのものに胸を躍らせて動くのではなく・・

そのビジョンに向かうために、落とし穴を埋めてから動きたいというのがその特徴なのです。

逆に言えば・・

ビジョンさえあれば、落とし穴が気にならない(気がつかない)のは、期待型のタイプだけなのです。

つまり・・

相手が何タイプなのか・・を知ってからアドバイスをしないと、その言葉が、相手を苦しめている可能性があるということです。

大袈裟に褒めたとして・・

嬉しいタイプもいれば、バカにされていると感じるタイプもいる。

だからこそ・・

少なくとも、STR(素質適応理論)の無料診断にて、相手のタイプを把握することをお勧め致します。

無料診断は、こちらからどうぞ!

例えば、〇3タイプと出てくれば・・

奇数だから、期待型です。

逆に、〇4タイプと出てくれば・・

偶数だから、慎重型です。

ちなみに・・

私は、□3タイプで、奇数なので期待型です。

なので、ビジョンがあれば、落とし穴は気になりません。汗

だからこそ、落とし穴を示してくれる【偶数タイプ】が私には必要!

ということが、分かるのです。

如何でしょうか?

相手のことを、心から思うのであれば・・

相手のことを知ってから・・

これが、鉄則です。

最後に・・

皆さまが、私と同じ期待型のタイプであれば・・

ビジョンを示した方が良い・・とアドバイスをしがちですから、注意が必要なのを申し添えておきますね。

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ筋トレVol.852-1

The post 期待型と慎重型は違う・・ということを知らない恐ろしさ・・ first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ