fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

人間学を学ぶ月刊誌【致知】10月号

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨日のブログでは、100年以上続いている会社はどこが違うのか?という本に記された、商人の道という文章をご紹介致しました。

昨日のブログは、こちらです。

商人の道

農民と商人を比較することは、間違っていることかもしれません。

そして、必要のないことだとも思います。

ただ、商人の道と題された文章からは、そういうことではなく、商人としての心構えが伝わってきました。

商人は、いかにあるべきか。

商売人と商人の違いとは何か。

その心とは・・

時代がどんなに変わっても、仕事は全て、商人道であるということだけは、決して変えてはいけません。

この本を読みながら、改めて、そう強く思いました。

皆さまも、ぜひ、手にとってみて下さいね。

それでは、今日のブログです。

人間学を学ぶ月刊誌【致知】10月号

今日は、毎月届くのを楽しみにしている月刊誌【致知】について、ご紹介を致します。

【致知】の定期購読については、こちらからどうぞ!

定期購読のご案内

私が、人間学に興味を持ち始めたのは、いつの頃からでしょうか・・

大学生の頃も、少なからず本は読んでいましたが、明らかに今とはその種類が違いましたので、社会人になってからというのは間違いなさそうです。

ただ、社会人になった当初は、税理士試験のテキストばかりを見ていましたので、29歳のときに受講した日創研のSAコースが転機になっているような気がします。

今、思い出しても、この研修は強烈でした・・
※良い意味です!

そして、この研修をご紹介下さったのは、酒商菅原の土師正記さんです。

土師さんからは、日創研だけではなく、今の私の軸となっているMGや経営研究会もご紹介下さいました。

やはり、土師さんの存在なくして、今の私はありません。

このことは、子供たちにも、しっかりと伝えておかないといけませんね・・。

さて、この月刊誌【致知】ですが、10月号の表紙の言葉に、ものすごく惹かれました。

天に星 地に花 人に愛

如何でしょうか?

天人地の三才を、見事に表していると思われませんか?

天に星 地に花 人に愛

何度となく呟いてみましたが、心に染み渡っていきますね。

そのような心の状態で、1枚1枚ページをめくっていくのですが、その内容もまた素晴らしいです。

巻頭の言葉で紹介されていた、【惻隠の心は仁の端(はじめ)なり】では、私の知らなかったマッカーサーのエピソードがありました。

そして、そのあとには、釈迦とキリストのお話・・

さらには、ヴィクトール・フランクル・・

今月号もまた、半身浴の時間が濃厚になりそうです。

ただ、1点の悩みどころは、致知の紙は薄いので、お風呂でずっと読んでいると、パリパリになってしまうことです。泣

なので、何日目かになると、ページをめくりづらくなってきます・・

お風呂で読むのを止めれば・・という声が聞こえてきそうですが、お風呂での人間学が、脳と心に染み渡ってきて最高なのです。

以前は、SNSやYouTubeを見ていた時期もありましたが、断然、お勧めは人間学です。

ぜひ、お試し下さいね。

ただ、読み終わる頃には、保管できる状態ではないので、それだけはご注意下さいませ。

【致知】の定期購読については、こちらからどうぞ!

定期購読のご案内

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ筋トレVol.882-1

The post 人間学を学ぶ月刊誌【致知】10月号 first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ