fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

会社(仕事)は、何と一対(いっつい)か・・

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨日のブログでは、1年半ぶりに再開したメルマガについて書いてみました。

昨日のブログは、こちらです。

1年半前に書いたメルマガ・・猛烈にリライト中です・・

1年半前に、一所懸命に書いたメルマガですが、私も成長をしていたようです。

随分とリライトが必要でした。

ただ、1年半前との違いを知ることができて、すごく楽しい時間でした。

そう考えると、著者の方って、自らの本を見直したとき、どんな気持ちなんでしょうね?

書き直したくても、書き直せないのでしょうか・・?

私も、将来的には出版をしたいので、調べておかねば・・

まだまだ、先のことではありますが。笑

それでは、今日のブログです。

会社(仕事)は、何と一対(いっつい)か・・

永続すものは、2つに分かれて存在しなければならない・・

これが、自然界の法則です。

陰と陽

男と女

東洋と西洋

などなど、言われてみれば、その通りですよね。

では、会社(仕事)が永続するためには、何と一対(いっつい)でなければならないでしょうか?

逆に言えば・・

何を忘れたら、滅びて(倒産して)しまうでしょうか?

如何でしょうか?

それは・・

お客さま、ですよね。

お客さまを忘れた企業は滅びる。

会社も人も、自然の一部なのですから、何かと一対でなければならないのです。

そして、その何かとは・・

お客さまでしかあり得ません。

会社を良くするために・・

仕事を良くするために・・

自社や自分に目を向けるのは大切ですが、大前提として、お客さまと一対であることを忘れてはなりません。

ぜひ、お客さまの存在を感じましょう!

もっと言うと・・

会議などでも、お客さまを感じるか・・という視点を持ちましょうね。

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ筋トレVol.918-1

The post 会社(仕事)は、何と一対(いっつい)か・・ first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ