fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

300年後も変えてはならぬもの・・

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。

昨日のブログでは、自らデータを取り続ける意義について書いてみました。

昨日のブログは、こちらです。

データは見るより、記録(記入)する方が効果的!

何年も前のお話ですが、カンブリア宮殿に出演された、エーワン精密の梅原会長が、【自分で記録し続けたから、分かるようになったんです】と仰っていたのを思い出しました。

そうなんですよね。

自分で書くから、分かるようになるんですよね。

そして、ここでいう、分かる・・というのは、書き方のことではなく、気づくという意味になります。

ちょっとした兆しに気づく。

これが、経営において、如何に大切なことか・・

後になればなるほど、その解決には時間と労力が必要になります。

だからこそ・・

データは、自ら記録する。

社員さんへの引き継ぎは、分かるようになってから。

これが鉄則です。

それでは、今日のブログです。

300年後も変えてはならぬもの・・

内なる規範と外なる規範。

もしかすると、なかなか聞きなれない言葉かもしれません。

皆さまは、内なる規範・・と聞いて、何かイメージが湧きますでしょうか?

逆に、外なる規範は如何でしょうか?

数年前の私なら・・

何のことやら、ちんぷんかんぷんです。汗

なので、安心なさって下さいませ。

では、今日のテーマに移りますね。

まずは、外なる規範についてのお話です。

これは、具体的には、道徳のことを指しています。

道徳・・

この言葉を定義することも大切ですが、今日は、切り口を変えてお伝え致します。

それは何かというと、道徳は、時代・場所・環境などによって、変わるものだということです。

つまり、300年後も同じか・・

と、問われたら、分からない・・としか、答えようがありません。

次に、内なる規範のお話です。

これは、具体的には、倫理のことを指しています。

そして、この倫理は、いや、倫理だけは時代・場所・環境などには左右されません。

というより、変えてはならないものなのです。

つまり、300年後も同じか・・

と、問われたら、YESとしか答えようがないのです。

では、ここで。

皆さまの会社には、この倫理となるものがありますでしょうか?

会社の絶対的な法とも言える、倫理があるか否か。

永続を志すのであれば、倫理は、必要不可欠なのです。

先義後利

克己復礼仁為

こういった言葉が、倫理になるのですが、300年先も、それ以後も追求するものとして、変更する必要がありませんよね。

会社として、何を法とするのか。

改めて、考えてみては如何でしょうか?

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ筋トレVol.932-1

The post 300年後も変えてはならぬもの・・ first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ