• Webライターの視点
  • 「もっと文章力をアップしたい!」と思っているみなさんに、「WEBにおけるライティング」について発信中!

顔文字・絵文字どう使う?メリットとデメリットとは?

今回は顔文字と絵文字について考えてみましょう。

顔文字や絵文字は、文章だけで伝えきれない感情を補う役割をしてくれます。

インターネットにおける、とても素敵な文化だと思います。

◆ 顔文字・絵文字のメリット

例えば、喧嘩して仲直りしたカップル。

「もぅ、こんな気持ちにさせて・・・」とちょっと可愛らしく彼女が

「バカ(*´з`)」

と送ったら、送られた彼だって「可愛いな」って思うでしょう。最後のキスをおねだりするような顔文字が、大好き!って伝えているからですよね。

 

ところがハートマークがなく、ただの

「バカ」

だったとしたら…。「ほんとはまだ怒ってるんだからね!」みたいな意味にもとれてしまいませんか?

喧嘩再び…とまではいかなくても、どんな意味で書いたのか真意が分からないだけに、見たほうの気分はあまりよくないですよね。

このように顔文字や絵文字のメリットは、使い方によって相手とのコミュニケーションを深めることができる、というところ。

 

ですが!!

顔文字も絵文字も使い方によっては逆効果です!

◆ 顔文字・絵文字のデメリット

たとえば、チカチカと動くタイプの絵文字も多くあります。
これを多用すると、画面を開いたときに、あっちでチカチカ、こっちでチカチカ、読むのがうっとおしい!と感じる人もいます。

経営者やコンサルタントの経営アドバイスの記事に、顔文字・絵文字が多いと「この人、あんまりデキそうにないなぁ~」「信頼できなさそう」というイメージを持つ人も多いものです。

使用の見極めはそのブログのテーマとターゲットによって、というところ。
若い女性がターゲットなら、顔文字や絵文字を適度に使うと好感度上がるケースも多いです。

◆ メールやLINEで使うときは?

メールやLINEにしても同じです。

誰に送るのか?

これが肝です。寝坊して遅刻したときに、上司に送るメールに

「寝坊ぐぅぐぅしました!!今から向かいますDASH!すいません㊦ぁ・・・㊦ぁ・・・

なんて絵文字多用で決して送らないように。

 

以前TVでも議論されているのを見たことがありますが、「絵文字一切NG」という人もいますね。
これは、どうすればいいか?というと、簡単です。

相手に合わせればいいんです。

その人のメールに顔文字や絵文字がなければ、こちらも使わない、もしくは極力使わないようにする。

というように、相手の顔文字や絵文字の使用頻度に合わせればいいだけです。

 

ちなみにうちの母親は、絵文字を楽しんでいるようですが

「元気かはてなマーク昨日はいいことがありました㊦ぁ・・・」 (いいことやのに落ちてる・・・?)

「今日は犬の散歩ねこ ドコモに行ってきましたキスマーク」 (それ猫ですけど・・・なぜにキスマーク?)

と、微妙な絵文字を乱用してLINEを送ってきてくれます(笑)

 

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ