fbpx
  • オンナの視点
  • アラフォーからアラフィフの女子トーク。ちょっと辛口、チョットエロ、本音で言っちゃいます。

本気で仕事に生きて稼いでいる男性を夢中にさせる女性になるには!

1.しなやかな「知性」を感じさせる

世の中をしなやかに生き抜いていくためには、知恵とホスピタリティが必要。話す内容や言葉の選び方にセンスが光る。

単に賢いというだけで上から目線で話すのではなく、知識を活用し、相手が求めていることに的を得たアドバイスを与えることができること。

2.内面からの美しさをにじみ出す

人によって異なる「美」という概念。美しさの本質は個性にあり、その個性はあなたに内在する価値ではないだろうか。自分らしさを知っている女性ほど、オリジナリティを発揮する方法の幅も広く、自分の美しさをよく理解してるもの。

内面から輝きを放つ女性に出会ったら、絶対に手放したくないと感じるはず。

3.母親のような優しさで男性を包み込む

ともに人生を重ねていくうえで、優しく思いやりある女性がパートナーなら、どんなときでも心に平穏を保っていられる。

他人の気持ちにより添い、母親のような大きな愛で包み込む女性。本気で家庭を築きたいと思ったとき、こうした母性を持ち得れば選考のうえでの重要なポイントになるはず。

4.物怖じしない冒険心で行動する

長い人生、ときには単調でつまらないものと感じることがある。たとえそれが恋愛であったとしても、どこかで刺激が薄れてくるとマンネリ感は拭えなくなる。

エネルギッシュでアクティブな女性、冒険心があって何ごとにも前向きな女性は、男性の人生を楽しくさせてくれる嬉しい存在になるはず。

5.一途にあなただけを愛していると表現する

男性は浮気性な気持ちを常に持っているが、女性には一途さを求めている。

心の底から男性を愛し、全てを捧げることができる女性に、決して裏切るようなことをしてはいけないと感じる。

6.相手の個性を尊重する

人生をともに歩んでいくためには、パートナーの意見に歩み寄り理解することも必要。一方、お互いの主張すべき点は遠慮せずに伝え合わなければいけない。

同じ幸福を共有でき、互いの欠点を認め合える仲ならば、いつまでも関係にヒビが入ることはない。

7.ただ何となくでも、居心地いい空気を作れる

深く愛する人の側にいることは、まるで自宅でお気に入りのソファでくつろいでいるかのような居心地のよさに似ている。窮屈さとは無縁なリラックス感を味わうことができるから。

この「居心地のよさ」だけは、いくら大金を積んだって、やすやすと手に入るものではない。

8.を指摘してあげる

男性だって、ときに間違いを犯す。そして案外繊細なメンタルを持っている。そんな時に、その欠点を気づかせてくれる女性はかけがえのない存在と思ってくれる。

自分の時間を割いてまで、その問題をともに悩み考えてくれる。ひとりで答えを導き出せず、迷宮に陥るときには明かりとなってくれる。そんな女性は絶対に手放したくない。

9.cafe情熱的な生き方をしていると目が離せない

情熱にあふれた人は、ひとりだけで情熱を傾けて行くには体力もいるし、ときには誰かに甘えたくもなる。良き理解者の存在があってこそ、そのものに注力できるもの。

10.女性としての強さと気品を兼ね備えている

好みの違いはあれど、意外に多くの男性が望むのが、強さと女性らしさを兼ね備えた人。一見、正反対とも思えるこの2つの性質、実は表裏一体のもの。
自分への誇りや正直さは「強さ」となり、気品ある「美しさ」は男性にとって癒しとなるもの。

11.自分の人生に対するブレないビジョンがある

他人から何を言われようが、歩む道を信じて突き進める女性であれぱ、男性にも多くの好影響を与えられるはず。お互いに、自らの行動に責任がある人は、言い訳をしたり、他人に責任をなすり付けたりしないもの。
それらのビジョンを理解し合い、高め合える。

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ