fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

簿記を勉強する前に読む本 〜田中靖浩著:マンガ 会計の世界史〜

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。

昨日のブログでは、自分との約束を守れる人の特徴を書いてみました。

昨日のブログは、こちらです。

自分との約束が守れる人と守れない人の違いとは・・

自分との約束を守れる人は、意志が強いのか・・

と言われると、良く分かりませんが、

未来への願望(野望)は強いか・・

と問われたら、その通りだと思います。

その方々の軸は、いつも未来にあります。

未来にあるのですが、一所懸命なのは、今ここです。

未来ばかりを妄想しても・・

今に流されても・・

自分の理想には辿りつきません。

未来に軸を置き、今ここを大切にする。

それこそが、理想を現実に実現させるための、たった1つの手段だと思うのですが、如何でしょうか?

それでは、今日のブログです。

簿記を勉強する前に読む本 〜田中靖浩著:マンガ 会計の世界史〜

昨日、ある理由ができて、本当に久しぶりにTSUTAYAに行きました。

そして、お目当ての本を探していたのですが、何かを訴えるかのように、パッと別の本が目に飛び込んできました。

それは、田中靖浩さんが書かれた、マンガ 会計の世界史という本です。

写真の本なのですが、どうでしょうか?

パッと、目に飛び込んできますか?

それとも、私だけでしょうか・・?

それは、さておき・・

以前に、友岡賛さんが書かれた歴史にふれる会計学や、ジェイコブ・ソールさんが書かれた帳簿の世界史など、会計の歴史に関する本は何冊か読んだことはありましたが、田中靖浩さんのご著書は初めてです。

正直、余りにも目立っていたので、何も考えずに購入したのですが、これがまたビックリ!

Amazonで見てみたら、マンガ版ではなく、普通の?【会計の世界史】の評価の高いこと、高いこと!

これまた、思わず・・

会計の世界史、ポチッとしてしまいました。汗

おそらく明日、遅くとも明後日には届くと思いますので、それまでに、マンガ版を読み終えます。

と、言っても・・

先ほど、7〜8割程度は読み終えました。

ハッキリ言って・・

簿記などの勉強から会計に触れるより、断然、このマンガから始めた方が良いです!

マンガですし、所々おふざけ(良い意味で)もありますが、その分、簿記に触れたときの・・

面白くない・・!とか、イヤだ・・!という感じはしないのではないか・・と思いました。

もしかすると、私は、この分野が好きなので、そう思ってしまうのかもしれませんが・・
※そのときは、ごめんなさい・・

何はともあれ、簡単な世界史とともに、会計の成り立ちを見ることで、

・なぜ、株式会社ができたのか?

・なぜ、会計ができたのか?

・なぜ、会社には会計が必要なのか?

・なぜ、原価計算ができたのか?

など、私たちにとって、なぜ会計が必要なのか、とてもよく理解することができます。

如何でしょうか?

会計そのものが、私たちにとって必要なものであるかどうか、何も分からないまま学ぶより、必要だと分かって会計を学んだ方が、身になりそうですよね。

そのためにも、とっかかりは、ザーッと読めた方が良いです。

そういう意味では、著者である田中靖浩さんも書かれていましたが、【会計を学ぶ第1歩】として相応しい本だと思います。

ぜひ、手に取ってみて下さいませ。

会計が苦手な方はもちろんですが、会計は知っていても、その背景をご存知ない方にもお勧めですよ。

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ筋トレVol.958-1

The post 簿記を勉強する前に読む本 〜田中靖浩著:マンガ 会計の世界史〜 first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ