fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

伝えたいなら【し・り・て・が】は使用禁止! 山﨑康司著 考える技術・書く技術

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。

前回のブログでは、この筋トレブログを続けて行くための、7人のメンバーが揃ったことをお伝え致しました。

前回のブログは、こちらです。

チームみんなでコツコツと!メンバーが7人揃いました!

2人になったら、チーム。

そして、一人ひとりが、メンバーの個性を深く把握することにより、チーム一丸となって力を発揮しやすいのが5人から7人。

以前、チームビルディングのセミナーを受講したときに、そう教わってはいましたが、今回は、たまたま7人が揃いました。笑

さて、これから、どんなチームになっていくのか・・

私たち自身も楽しみにしながらも、決して仲良しグループにならないように、お互いに切磋琢磨しながら突き進んでまいります。

だからこそ・・

言わないかんことは、言う。

やらないかんことは、やる。

そんな姿勢で、接していきたいと思います。

それでは、今日のブログです。

伝えたいなら【し・り・て・が】は使用禁止! 山﨑康司著 考える技術・書く技術

まずは、下記の文章を読んでみて下さい。

① A社は倒産し、B社は黒字になった。

② B事業は赤字であり、今後も黒字化は期待できない。

③ あのマンションは、1,000万円も値下げをして、ようやく売却できた。

④ 私の貯金目標は300万円だが、あと3ヶ月で達成できそうだ。

⑤ 役員に若い人がおらず、ネット事業への取り組み意欲が低い。

では、ここで質問です。

①〜⑤のうち、違和感のある文章はありましたか?

如何でしょうか?

全く違和感がない!という方もいらっしゃると思います。

逆に、全部、書き方がおかしい!という方もいらっしゃると思います。

ここで、何をお伝えしたかったかというと・・

①〜⑤の文章について、全部ダメ!やり直し!と思わなかった方は、すぐに、下記の本を注文して下さい!!

つまり、①〜⑤の文章、その全てがおかしな表現になっているのです・・汗

では、皆さまが、おそらく購入することになったであろう本のご紹介です。笑

それは、山﨑康司さんが書かれた【考える技術・書く技術】という本になります。

この本は、尊敬する経営者の方にお勧めを頂いたのですが、私自身、買って良かったです。

何を、どのように考えなければならないのか?

そして・・

何を、どのように書かなければならないのか?

入門編だけあって、とても分かりやすく書かれていました。

その中でも、特に素晴らしかったのが・・

文章のビフォーアフターです。

一見すると・・というか、一読すると、何がいけないのか分からない・・というようなビフォーの文章でも、著者である山﨑さんの手にかかれば、めちゃくちゃ読みやすく、伝わる文章に変わってしまうのです。

自分でもビックリしましたが、ハッキリ言って、これには大興奮しました。笑

あ・・

忘れてました。

前述の①〜⑤、何がダメやねん!って思われている方もいらっしゃいますよね・・

それでは、正しい文章をお伝え致しますね。

① A社は倒産したにもかかわらず、B社は黒字になった。(逆説)
① A社が倒産したおかげで、B社は黒字になった。(因果関係)

② B事業は、今後も黒字化は期待できない。(赤字であることは自明)

③ あのマンションは、1,000万円値下げすることにより、ようやく売却できた。(因果関係)

④ あと3ヶ月で、300万円の貯金目標を達成できそうだ。(複文→単文)

⑤ 役員に若い人がいないために、ネット事業への取り組み意欲が低い。(因果関係)

如何でしょうか?

ここで、改めてビフォーの文章を見返しても、アフターに書かれた内容を伝えたいことが、分かってしまいますよね。

そうなんです。

だからこそ、日本人の文章力が落ちていく・・

これが、現実なんだそうです。

私は、この本を読んで、

分かるから良いじゃん・・

ではなく、洗練されていて、かつ、相手にシンプルに伝わる文章を書きたい!

と、素直に思いました。

なので、最近のブログを、いくつか読み返してみました。

すると・・

【し・り・て・が】が、山ほど書かれているではありませんか・・泣

・・・し、

・・・であり、

・・・して、

・・・だが、

それぞれの語尾にあるのが【し・り・て・が】

いや〜、普通に使ってしまいますよね・・

これは、前途多難な気がします。涙

ぜひ、皆さまも、ご自身の文章を読み返してみて下さいね。

私と同様に、かなり、使ってしまっているかも・・

まずは、メールから始めるのが効果的だそうです。

共に、正しく伝わる文章がスピーディーに書けるように、頑張りましょう!

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

次回も、このナイスオン公式ブログを読んで下さると嬉しいです。

またのお越しを、心からお待ちしております!

ブログ筋トレVol.1,025-1

The post 伝えたいなら【し・り・て・が】は使用禁止! 山﨑康司著 考える技術・書く技術 first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ