fbpx

地上最強の商人

新年あけましておめでとうございます!

 

2019年という新しい年を無事迎えられたことに、先ずは感謝申し上げます。

 

この1年がすてきな年に仕上げられるよう、改めて本日から積重ねて参りたいですね。

 

そんな取り組みに欠かせないのが、良書とのご縁ということで、今年もいつものペースで向き合って参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、2019年のトップバッターを務めていただくのは、こちらの名著です。

 

地上最強の商人 オグ・マンディーノ 著 無能唱元 訳 稲盛和夫 監修 日本経営合理化協会出版局

 

 

読書好きなら、その存在を知っている方も、少なくないかと存じます。

 

しかしながら、実際手に入れて、読破・実践された方は少数派かもしれません。

 

そう、実践というのは、コチラの本、読むだけでは終わらないのです。

 

通読後、次の月曜日から、ビジネスマンとして成功するための叡智がまとめられた10種類の巻物のうちの第2巻から第10巻を、1巻あたり5週間かけて(土日はお休みの日と考え5日×5週間=25日)、読み続けなければいけません。

 

 

ほら、もうドン引きされた方、いらっしゃいますよね。

 

その上、ただ読むだけではないのです。

 

ガイダンスにある通り、

 

「ひとつ巻物を、朝の出勤前そしてお昼頃に黙読し、夜就寝前に朗読する。そして1日振り返って巻物の教えをどれだけ徹底できたか自己評価する。」

 

というシステムになっています。

 

“どれだけ徹底できたか自己評価する”

 

ということは、

 

読んだら、行動レベルに落とし込んで実践し、その取り組みを毎晩セルフチェックする、という約束になっておりまして・・・

 

ほらほら、このブログ自体閉じようとしていませんか・・・苦笑

 

実際、一つの巻物を、3回×5日×5週間ですので、計75回も読み、それが9種類ですから、45週間取り組みを継続する必要がありますので、なかなか大変です。

 

そう、大変と表現しましたが、この本の真髄は、

 

目標を掲げ、達成するために、良い習慣を身に付ける

 

という、単純な教えなのですね。

 

実は、小生も、14年前、2005年の1月に取り組んで、無事万行しておりましたが、その目標は達成できたかというと・・・

 

はい、こうやって、15年目も愉しくスタートすることができるわけですから、お察しいただければと・・・笑

 

ただ、難点はこの本、高いんですよ。

 

¥9,800-(税別)

 

まあ世の中に氾濫している?自己啓発セミナーの類は、平気で3万円、中には何十万円からもう一ケタ上までかかるものがありますので、そういう意味では、その気さえあれば、お値段以上の価値があるのではないでしょうか!

 

あっ、これって、実践読書術の本質でしたね。

 

ちなみに、新訳で文庫本(邦題は変わっていますが)も出ているようですが、そのお値段の差は約19倍です・・・爆

 

それでも、

 

「やはり1万円出して買う気合いが大事」

 

ということで、是非!

 

 

そして、2019年もすてきな書縁に恵まれますように!

 

ではでは。

 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ