fbpx
  • DXの視点
  • 「魅せるWeb」をテーマに、EC事業者が人々を魅了できるサイトが運営できるよう活動中。
  • HOME
  • BLOG
  • DXの視点
  • 【ワールドカップ2018】日本歴史的勝利!サッカーからビジネスを学ぶ

【ワールドカップ2018】日本歴史的勝利!サッカーからビジネスを学ぶ

こんにちは。

BECKのDX (デラックス)です。

 

 

サッカーワールドカップ 2018 RUSSIAが開幕し、昨夜、日本は強豪コロンビアに2-1で歴史的勝利を収めました。

 

ボクは子供の頃にサッカーをやっていて、見るのもやるのも好きな、大のサッカーファンです。

 

欧州チームならともかく、日本が南米チームから勝利するなんて・・・・と、ちょっと感慨深いものがあります。

 

 

さて、今日はサッカー談義をするためにブログを更新したのは無く、ぜひ見て欲しい動画があります。

この動画はサッカーファンなら絶対に面白い動画です。

 

ここ最近のサッカー関連で間違い無くNo.1の面白さ!!

 

 

で、この動画の中で、元日本代表監督の岡田さんがこんなことを言っています。

 

日本人はファンクショナル (機能的)と、エモーショナル (感情的) を混同してしまっている。

 

戦略を考え、戦術を立てる。ファンクション。つまり「機能や役割」は勝つためには非常に重要なわけです。

 

そして感情。これも、確かに大切ですよ。つまりモチベーション(定義)なわけですから。

 

ただ、本来なら別々に考えなくてはいけないものを、混同してしまっている。

 

勝つことと、良いサッカーやること、両方必要なんだよ。

 

ビジネスもまさに一緒だと思います。

 

 

それともうひとつ、こんなことも言っています。

 

「醜く勝つなら美しく負けたほうがいい」

 

これは、オランダ元代表のスーパースター 「ヨハン・クライフ」が言った名言ですが、
この言葉をクライフは負けたときに言ったそうです。悔してく仕様がないから。

 

岡田さんは言います。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

「世界の強豪と呼ばれるヤツらは勝つために死に物狂いでやっている」

 

 

” 醜く勝つなら美しく負けたほうがいい ”

 

ところが、日本人はこの言葉が好きで、こういう言葉が好きなうちはダメだよ。

やっぱり勝つために死に物狂いでやらなきゃ。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

「自分たちの〇〇」、「愚かでいることの正義」、「慰め合って傷を舐め合う友情」

 

ビジネスの世界にも、これをヨシとする流れがあります。

 

しかしどうでしょう?特に「自分たちの〇〇」や「愚かでいることの正義」って、ものすごく高いレベルの思考ですし、
パフォーマンスだと思っています。

 

岡田さんのおっしゃる「勝つために死に物狂いで」という言葉と、仕事として関わる以上、
結果にコミットするために、「結果にコミットしようとする考え、動き」が、サッカーで言うところの、
ボールを持っていないときの動き」なんだと思っています。

 

ということで、今日も1日、しっかり働きます。

 

 

ではまた!

 

 

【魅せるWeb制作|コンサルティング】
BECK 公式サイト
https://www.beck-dx.com

Copyright © 2018 デラックスの視点|DX.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ