fbpx
  • DXの視点
  • 「魅せるWeb」をテーマに、EC事業者が人々を魅了できるサイトが運営できるよう活動中。

マネジメントと損得勘定 (感情)

こんにちは。

BECKのDX (デラックス)です。

 

ビジネスのうえで、「人」の問題はどの中小企業も直面する問題です。

 

 

なるべく「属人化」しないような営業方法や、自動化を推進するような企業も、「人」の問題があるからこそ、そういう舵取りを行うわけで。

 

2人以上で仕事を遂行すれば、もはやそれはチームですし、上司・部下の関係は、仕事のスキルや経験はもちろんですが、「人として○○」という部分が非常に大切になってくるでしょう。

 

 

昨夜、こんな記事を目にしました。

人の気持ちがわからない人の致命的理由3

 

なんかこの記事を読んでいて、ため息が出ました(笑)

 

ボクはこの手の本などは本当に読まないタチで、この記事の内容も、そもそも「損得勘定」が働いている気がして、本質的に変わらない限り、無意味だと思っています。

 

 

「部下にこう伝えれば、部下の心が掴めるかも」とか、部下や周囲に自分を理解してもらう。といった感情は、捨てるべきだと思っています。そもそも、打算的に考えて行動しても、相手はあなた(記事を読んでいる悩めるリーダー) のことをよく見ています。ですから、あなたの本質が変わらない限り、コミュニケーションの量を増やしても、返って逆効果です。

 

 

自分の気持ちを理解してもらう。そうすると、自分が理想とする組織ができる。といった勘定を捨て、仕事に熱を持ち、未来を存分に語り、背中で魅せ、全力で無心で相手にぶつかってみてください。

 

それが習慣化されれば、自分でも気づかないうちに本質が変わり、あなたの周囲にはたくさんの部下、ビジネスパートナーが集まってくるかもしれません。

 

 

 

ではまた!

 

 

【魅せるWeb制作|コンサルティング】
BECK 公式サイト
https://www.beck-dx.com

Copyright © 2018 デラックスの視点|DX.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ