fbpx
  • ママ育の視点
  • コミュニケーションが変わると人間関係が良くなり、人間関係が良くなると人生が変わる

雨の日の通園「カサいや」にはワケあり。

この記事の続きですが、雨の日の通園に、どうして子どもが、

「カサ、いや」
「カッパ、いや」

って言うんでしょう。
ママを困らせようと思って言っているんじゃないですよね、もちろん。

雨の日に必ず同じことを言う場合は、何かそれなりの理由があるんです。
例えば、

〇みんなのカサは青い・ピンクなのに、ボク・ワタシのは黄色。
(下の子にも使ってほしいので、上の子は黄色を買うことがありますよね。)

〇カサを買ったときに、ママに「これにしなさい!」と一方的に決められた。

〇カッパはむれる。

〇長ぐつは歩きにくい。

〇カサのことを友達に笑われた。

どれも、まぁそんなささいなことで・・・という感じです。

ただ、人ってちょっとしたことが、ひっかかるもんですよね。
大人はスルーしちゃってますが、

子どもは正直です。
誰よりも一番分かってほしいママには、
気持ちをぶつけてきますね。

Copyright © 2017 ママ育の視点|mamaiku.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ