fbpx
  • サラリーマンの視点
  • サラリーマンの視点で人生100年時代を、世の中を、会社を、仲間を、今を生きる自分自身を見つめていこう!

サラリーマンの理想の勤務時間、見つけた!

こんにちは。サラリーマンのひかりです。

サラリーマンのみなさんの1日の勤務時間はだいたい8時間+アルファといったところでしょうか?何時から何時までですか?
ある日の休日。時間の使い方がとても理想的な休日だったのですが、ふと、これを仕事の日に当てはめたらすごく理想的かも、と気づいたのです。その日の時間割を振り返りながら、ひとつの理想の勤務時間の例を挙げてみます。

ある日の休日の時間割

この日の工程は以下のとおりです。

6:30 起床、身支度
7:30 家を出てハイキングの集合場所へ車で向かう
9:00 集合場所に到着、仲間とハイキング開始
14:00 ハイキング終了、帰路につく
15:00 帰り道の途中でカフェに寄ってひと休み
16:30 帰宅
17:00 お風呂にゆっくり浸かる
18:00 お風呂あがり、読書などをしてのんびり
19:00 夕ご飯の支度をして食べる
20:00 家族とおしゃべり、読書、テレビなど、ゆっくり過ごす
22:00 就寝 早めにおやすみなさい

22時に寝るなんてなんとも健康的です!

「14時に終了、帰路につく」がもたらすメリット

ポイントは
「午後の早い時間に1日のメインイベントが完了している」
これはすごく大きいのではないかと。
大きな達成感を得ているのに、時間はまだ14時。今日、まだまだ時間ある!と思うと嬉しいし、さらに新しいやる気がみなぎってきてしまいます(笑)

この日は休日でしたが、同じ時間割を仕事の日に当てはめたら?メインの仕事が14時に終了するとしたら…これは理想的な勤務時間ではないだろうか?


仕事が14時に終わるという時間割だったら、人生はもっとたくさんの色で彩ることができて、ますます豊かになるのでは!?

サラリーマンで残業していたりすると、14時どころか+6時間の20時ぐらいまで働くことが習慣になっている人もいらっしゃるかもしれませんね。ここの14時以降の6時間の使い方によって、気持ちの充実度はかなり違ってくるのではないでしょうか?

もちろんサラリーマンが14時に帰るというのは現時点では異例すぎるのですが(笑)、将来的にはパートタイム勤務が柔軟にできるようになって、こんなシフトで働く人が出てきたら、人生も世の中も面白いことになりそうですね。

もしかして、ひょっとして、ひょっとして、サラリーマン人生をおもしろく賢く生きるヒントになるかもしれません。

ハイキングから新しい気づきを得たので、それはまた次の記事で書きますね。

Copyright © 2018 サラリーマンの視点 All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ