fbpx
  • 脚本家の視点
  • 映画やシナリオの作り方の視点から、日々のもやもやを取り除いたり、行動したいと思えるようなきっかけになる記事を発信していきます。

カメラを止めるな! 今とっても勢いのある映画を見逃さないで

​※この記事はネタバレを含みません

今勢いのある『カメラを止めるな!』と言う映画をご存知でしょうか?

最​​初は単館2館でしか上映されていませんでしたが内容の面白さにSNSで拡散されて満員が続き、日本国内だけでなくイタリアの賞も受賞したインディーズの映画です。

あらゆる人に絶賛され、現在はTOHOシネマズなどで全国に拡大中の映画です。私は兵庫県に住んでいるので早く大阪や神戸で上映してくれないかなと思っていたら、だいぶ当初の予定よりかなり上映がはやまったので早速観に行ってきました!

事前に情報を観ずに行ってほしい作品

この映画は、あらすじ含め事前に情報がなければないほど作品を楽しめます。予告ムービーもありますが、私はそれさえも見なくてもいいと思っています。

でも「カメラを止めるな!」を観る人が増えてきて、ついTwitterやネットであらすじやネタばれの「重要な部分を見てしまった!」ということがないように、興味のある方は早めの鑑賞をおすすめします。

特に土日は前日から満員なこともありますので、ネットや映画館で事前に予約していってくださいね。私が観に行った日も前日から満員でしたよ。

できれば複数人数で観に行ってほしい

手持ちのカメラの映像ですので、そういった映像は酔うというかたは、後ろの方の席で観賞するか酔い止めを飲んで観ることをおすすめします。

映画館では静かに観るもの。という意識のある方もいるかもしれませんが、これは笑わずにはいられない作品です。映画を観ている多くの人が笑っているので、なぜかの一体感も感じることができます。

そして観た後は感想を共有したくなります。観てない人にはネタバレNGなので、一緒に誰かと観に行って、終わった後に映画の感想を共有すると盛り上がることまちがいなしですよ!

カメラを止めるな!でチラシにもゾンビが出ているので、ゾンビなどが出てくる怖い映画は苦手、と思う方もいるかと思います。前半をがんばってみると、後半一気に笑いに変えてくれるので、見る価値ありです!

カメラを止めるな!は爆笑できる面白いコメディ映画でもあります。しかし、親子のハートフルなシーンもあって、じーんと感動するシーンも。平成最後の夏に笑って感動する「カメラを止めるな!」がお近くで上映しているのでしたら、見逃さないでくださいね!

カメラを止めるな! の公式サイトはこちらです。

 

 

Copyright © 2018 脚本家の視点|scenariowriters.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ