fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

読書感想文を書いています・・

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。

昨日のブログでは、両親へのプレゼントについて書いてみました。

昨日のブログは、こちらです。

親孝行のカタチ・・

やはり・・という反応でした。

お正月に、今、作成中の家系図をもって、実家に行ったのですが、両親ともに、とても嬉しそうでした。

父からは、父の祖父よりも上の情報が無かった・・とか、

母からは、母の父は10人兄弟だと思ってた・・とか。

もっとゆっくりした時間であれば、どこまでも話ができそうでした。

そんな姿を見ていたら・・

家系図を作る意思決定をして良かった・・

と、心から思いました。

皆さまも、両親へのプレゼントとして、家系図の作成は如何でしょうか?

それでは、今日のブログです。

読書感想文を書いています・・

私の小学5年生の頃の夢は、プロ野球選手になることでした。

同じ少年野球クラブ出身で、同じ町の先輩が西武ライオンズに入団したこともあり、夢のまた夢・・という気持ちは全くありませんでした。

そして、努力もしていました。

が・・

それは、つもりだったんだな・・と、ある小学5年生の女の子が、約300人の前で、堂々と自分の夢を語っている姿を見て、思い知らされました。

その子の夢の1つ・・

それは、日本の教育学者であり、明治大学文学部の教授でもあり、多くの本を出版されている著者でもある齋藤孝先生に、読書会に来て頂くこと・・

そして、彼女の素晴らしさは、そのために【今できること】を考え、実践していることでした。

しかも、友達や周りの大人を巻き込みながら・・

齋藤孝先生が書かれた【本当の頭のよさってなんだろう?】という本の感想文を、100人分集めて先生に送れば、読書会に来て下さるのではないか・・

もちろん、齋藤孝先生が、100人分を集めてくれたら・・とか、

100冊、本を買ってくれたら・・とか、仰ったわけではありません。

なので、100人分の感想文を送ったとしても、来て下さらないかもしれません。

でも、彼女は、彼女なりに考え、行動することを決めたのです。

そして、その想いを周りに伝え、その想いを聞いた大人達が発信し、遠く離れた私の所にも届きました。

もはや・・

彼女にとっては、夢ではなく、目標になっているのでしょう。

夢を持つだけなら、言うだけなら、誰にでもできます。

でも、その夢を実現させるために、自ら考え実践している・・

きっと、こういう人が夢を手繰り寄せるんだな・・

彼女の原動を見て、心からそう思いました。

今、彼女を応援するために、いや、彼女を応援したくて、100人以上の大人たちが読書感想文を書いています。

私もまた、その一人で、昨夜は下書きまで終えました。

彼女の夢には、その続きがあります。

それは、小学6年生の誕生日に本を出版すること・・

そのためにも、一人でも多くの方の読書感想文を集めて、齋藤孝先生に送ろうとしています。

自分の夢を叶えるために、誰よりも努力してる彼女のために・・

皆さまも、読書感想文を書いて下さいませんか?

まだまだ大募集中ですが、期限は、あと10日ほどかなと・・

ぜひ、ご協力下さいませ。

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

今後も、ナイスオン公式ブログを読んで下さると嬉しいです。

またのお越しを、心からお待ちしております!

ブログ筋トレVol.1,002-1

The post 読書感想文を書いています・・ first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ