fbpx
  • 詫び・寂びの視点
  • 茶道の楽しさや「和」への感性、侘び寂びの「美」、「茶の湯」のことを分かりやすくお届けします。

「がまん」していますか?

 

がまんしないで、好きなことだけして生きよう。
がまんしちゃいけませんよー。
がまんは、体にも心にも良くない。

 

ここ数年、「個」が尊重される時代なのか、よくこんな言葉を耳にします。

少し違和感をおぼえるのは、わたしだけでしょうか。

 

 

茶室にいるときって、けっこう「がまん」するんですよ(^ ^)
ほんの少しだけなんだけど。

・昔は冷暖房は一切なく、暑さ寒さも、そのまんま。
・暑くても「あっつうーー」とも、「さむいっ」とも言わず、ふつうにすまして座っている。
・4~6畳ほどの空間で、共に席をご一緒している方と、お互いに思いやりながら時を過ごす。
・好きにおしゃべりは、できる感じでもない。

一人一人が、少しだけがまんすること、それはお互いに「思いやる」ことなんです。

がまんを全くしないで、

・「あっつーー」と扇子であおいだり
・狭くて、窮屈そうに振るまったり
・好きなことを好きなだけしゃべったり

すれば、どうでしょうか。

 

大人なら、そんなことをする人はほとんどいませんが、無意識のうちに、招待された御宅で「あっつーー」とか言ってたりして。。。

おもてなしをする側は、夏は涼しく冬は温かく、部屋を整えてから、お客さまを、お迎えします。
招かれた客として、少しだけ暑さをがまんするのも、思いやり・気づかいですね。

 

最初に書いた「がまん」とは、少し意味合いがちがうかもしれないけれど、「がまん」は悪くないよねーというお話でした。

 

 

<お知らせ>
第2回侘び寂び茶会:3月30日(金)
春らんまん♪茶室で花見の風情を楽しみます。

Copyright © 2018 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ