fbpx
Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/viewcafe/view.cafe/public_html/wp_2018/wp-content/themes/viewcafe/header.php on line 14
  • アロマ日和
  • アロマ薬剤師の心と体のケア日記。薬剤師ならではの視点から本物をお伝えしています。

夏はプールに入りたい!水いぼでお悩みの方へのアロマカウンセリング

暑い日が続き、お子さんの中にはプールで楽しむ姿も♬

夏は冷たい水に入り楽しみたいですよね。

でも小さなお子さんの中には水いぼができていて入れない・・・という子もいるようです。

この水いぼ。
病院では「免疫が上がれば治るから」というような理由で放置されることも多いようです。

でも・・・実はこれがアロマで回復!というパターンがあるのです♬

水いぼとは??

水いぼ(正式名称:伝染性軟属腫)はウイルス性の皮膚疾患です。
ウイルスが真皮層まで達して水膨れのような発疹となり(実際に水はありません)どんどん細胞分裂して広がっていきます。

ポックスウイルスというウイルスによるもので主に接触感染でうつります。
伝染性なので人から人にうつるため、学校や幼稚園などではプールなどに入ることがいけないとされます。

治療法は
・ピンセットでつぶす
・液体窒素で水いぼの部分を凍結する
・電気によって水いぼを焼く
などがありますが、刺すような痛みを伴うので小さな子供たちには相当な試練となります。

放置しても2か月~2年くらいで治るといわれるので病院は放置でという場合が多いようですが。
その間小さな子たちは水いぼと共に生活をし、時にはプールに入れないということになります。

時に漢方薬で「ヨクイニン」を勧められることもありますが、時間がかかり飲む量も多くなるので負担になります。

アロマで水いぼが!?

水いぼの対策アロマが実はひそかに人気です。

レスプリハーブではかなりの高濃度でブレンド提案しますので今回は精油の名前は出せませんが。
(一般の方にお伝えすることによる精油の品質や使い方に不安があるためです。
万が一のためにお渡しするアロマや注意の必要があります)

夏に口コミでご予約ご来店の方が増えています。

ほぼほぼ高確率で改善されるようで、また、精油は低分子であるため真皮層まで浸透することで一度治るとその後再発があまりないようです。

注意点は濃度が高いことによるお子さんへの負担。
そして使用上の注意など。

肝機能や皮膚の様子を気にしながらになるので、自己責任の範疇でのケアはお勧めしません。

また、発疹が出る原因の一つに精油の代謝不良なども考えられるので、そうしたことを防ぐための商品も添付してお渡ししています。

こんな感じもすっかりきれいになりますよ。
(お母さま方から次に会うと喜ばれます)

お困りの方はぜひご相談ください。

※皮膚の弱い方やほかにお薬を飲まれている方は対応できないこともございます。ご了承ください。
※アロマケアは治療ではありません。あくまでもお母さまがご自身で責任をもっての対応となりますのでご了承ください。
※カウンセリング後にお困りごとが出たときは即時にご連絡くだされば対応させていただきます。

 

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/viewcafe/view.cafe/public_html/wp_2018/wp-content/themes/viewcafe/single.php on line 124

こちらの記事もおすすめ