一服のお茶も「一期一会」。

市川弘美

 

5月は、お茶にとっては「衣替え」の季節です。

一番のちがいは、炉が風炉に替わること。

炉は「ろ」、風炉は「ふろ」と読みます。

釜でお湯を沸かす火の位置が、変わるんです。


※炉の点前(11月~4月)

 


※風炉の点前(5月~10月)

 

茶室の雰囲気もガラリと変わりますね~♪

風炉に替わったことで、お道具も変わるんですよ。

実はお湯をすくう、「柄杓(ひしゃく)」も寸法がちがうんです。
詳しくはここでは触れませんが、お道具だけでなく、襖の建具も「よしず」になったりと、すべて「夏仕様」になります。

そして、もてなす側・亭主の心遣いも変わるわけです。

 

寒い時期の炉の季節は、暖を取って温かくもてなすことに心をくだき。
暑い時期の風炉の季節は、いかに涼しさを感じてもらうかに思いを致します。

もちろん5月には5月の爽快さ、8月の猛暑にはそれに合った涼しげな風情で、おもてなしをします。

 

季節の移り変わりとともに、道具もお菓子も、何もかも変わっていく「季節感」が代名詞ともいえる茶の湯。

和菓子もお茶も、その季節その日だけの風情の中でいただくもの。
同じように見える「一服のお茶」も、一期一会なのです。

 

 

 

 

Copyright © 2018 侘び・寂びの視点|wabi-sabi.view All Rights Reserved.

コメント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

こちらの記事もおすすめ

  1. 時計のない部屋で過ごして、ふだん聞こえない音や見過ごしてしまうものに気づく大切さ

  2. 着物で出かける時に、抜けがちな大切なこと

  3. 「侘び寂びの視点」ブランドの作り方~ブランディングは、外見と内面の両輪で~

  4. 品が良くて使い勝手も抜群!デキル女性の「懐紙」の使い方

  5. 日常に既にある「豊かさ」とは

  6. 茶室は、正座が痛くて形式ばった空間ではなく、心地よく人に優しくゆる~い空間なのです。

  1. 安全なアロマテラピー

    2018.05.23

  2. 手に負えない!と英語で言いたい時は?

    2018.05.23

  3. 【オンナの格言】女の「”り”づくし」はみっともない

    2018.05.23

  4. 海外旅行用のスーツケース選びで気をつけたい3つのポイント

    2018.05.23

  5. 子どもがお弁当を忘れたら、持って行く?持って行かない?

    2018.05.23

  1. 私的なエネルギー充電の仕方

    2018.05.21

  2. アウトプットすることで思考が整理され、悩みも解決することも

    2018.05.21

  3. 不安と恐怖がいっぱいな人ほど成長する。

    2018.05.21

  4. 歌舞伎俳優、片岡愛之助さんへ

    2018.05.20

  5. 初デートでサイゼリヤはありなのか?

    2018.05.17

Viewトレンド