fbpx
  • 詫び・寂びの視点
  • 茶道の楽しさや「和」への感性、侘び寂びの「美」、「茶の湯」のことを分かりやすくお届けします。

一服のお茶も「一期一会」。

 

5月は、お茶にとっては「衣替え」の季節です。

一番のちがいは、炉が風炉に替わること。

炉は「ろ」、風炉は「ふろ」と読みます。

釜でお湯を沸かす火の位置が、変わるんです。


※炉の点前(11月~4月)

 


※風炉(5月~10月)

 

茶室の雰囲気もガラリと変わりますね~♪

風炉に替わったことで、お道具も変わるんですよ。

実はお湯をすくう、「柄杓(ひしゃく)」も寸法がちがうんです。
詳しくはここでは触れませんが、お道具だけでなく、襖の建具も「よしず」になったりと、すべて「夏仕様」になります。

そして、もてなす側・亭主の心遣いも変わるわけです。

 

寒い時期の炉の季節は、暖を取って温かくもてなすことに心をくだき。
暑い時期の風炉の季節は、いかに涼しさを感じてもらうかに思いを致します。

もちろん5月には5月の爽快さ、8月の猛暑にはそれに合った涼しげな風情で、おもてなしをします。

 

季節の移り変わりとともに、道具もお菓子も、何もかも変わっていく「季節感」が代名詞ともいえる茶の湯。

和菓子もお茶も、その季節その日だけの風情の中でいただくもの。
同じように見える「一服のお茶」も、一期一会なのです。

 

 

 

 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ